2023/01/29 日曜日
Breaking News

現場に変革をもたらすICT化と課題

IT技術の発展はすさまじく、日常生活やビジネスにおいても活躍しています。IT技術は幅広い業界において導入が推進されており、介護業界でも同様にICTの活用が注目されるようになっています。

介護の現場へのICT導入は、介護職が業務を遂行するうえで非常に役に立つことです。手書きで記入することが当たり前とされていた介護記録などは、ICTを導入することによって効率的に作成でき、共有や書類作成も容易になります。また、介護予測をすることも可能となり、余裕をもって次の介護を行うことができ、スタッフの負担が軽減されることも確かです。

しかし、現状でこれらのICT化が進んでいる施設はあまり多くありません。導入するつもりがないとする施設も多いほどです。

導入したICTとしては、介護支援ソフトやシステムが最も多く、パソコンによる情報の一元管理が次いで多くなっています。

利便性が高く業務効率化も期待できるICTでも導入がなかなか進まないのには、複数の理由が挙げられます。まず導入コストがかかることをはじめ、職員がうまく使いこなすことができない不安などがその大きな理由といえるでしょう。

これらの課題を解決することは、導入率を変えるために必要です。その課題解決のために、様々な取り組みがなされていることも多い現状があります。

導入コストを補助するためのいくつかの補助金制度があるほか、現場の状況に合わせてICT機器の使用に関する指導するスタッフを補填するなどといった対策がそれにあたります。